豊胸バッグのトラブルはどこにある??

豊胸の画像写真を見てみましょう。

まずは、これを見てみてなにか問題あるでしょうか?
術後の症例写真ではありませんよ。

外観

#1 向かってみ右側が変形している感じがしますか?
⇒拘縮を起こしているのでしょうか?

#2 乳輪の位置が違う。
⇒豊胸バッグを入れる以前の大きさ、手術時による剥離の違いなどにもよることがありますよね。

症状

この女性は、数日前より乳房左(向かって右)のアンダーバスト付近から汁が出ているとのことで来院した方です。

「痛みは、それほどないけど、胸が熱っぽい感じがする」

「怖くてか患部を直接見れない」とのことでしたが、絆創膏は貼ってありました。

「変な汁が出るから。掻きむしったかと思った」と。

たしかに、正面だけから見ると上記のこと以外には問題なさそうです。

すごく腫れている感じでもない。発赤(熱を持つと赤っぽくなる)なし。

豊胸バッグが破損しているかも?

アンダーバスト付近に異常個所が・・・

☆マークでなくて、下の方を見てください。

アンダーバストの陰になっているので、わかりにくいですね。(立った状態で撮影)

次回局所的なアップを掲載しますが、豊胸バッグを入れている方は、少しショックを受けるかもしれないので、
心配な方は控えてください。

このようなことが起きる可能性がある例示です。
全例に起きるわけではありませんので、過度の心配はしないでください。

液体の正体は、破損した豊胸バッグのシリコンだった!


このようなバッグが皮膚から飛び出てくるような症状になる場所は、だいたい決まってきています。

それは、豊胸バッグと皮膚の距離が近いところ、皮膚が薄くなっているところです。たいてい、アンダーバスト付近の下乳になります。

この場所は、乳房の皮膚がペコペコする「リップリング」が生じやすい場所でもあります。

【関連記事】
破損した豊胸バッグが皮膚する露出したときの症状
豊胸バッグ除去を考えている人へ 現役美容外科医が全てを解説

************************************************************
ブログを読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。ブログを充実させるためにも、ぜひコメントいただけるとうれしいです。