今回は、豊胸術を行うときに、生じる盲点というべき胸の感度のことを紹介しましょう。
カウンセリングではあまり詳しくは話してくれないことですが、みんなが実はあとから知っておきたかったと思うかもしれませんよ。

豊胸手術は、美容外科手術の中でも見た目がダイナミックに変化する部位です。胸が小さい、しぼんでいることがコンプレックスなために、とにかく大きくなればと思うことも多いことでしょう。

豊胸手術後には、のちのち考えておかないことがいっぱいあります。えっ?大きくなりさえすればよい?

みんなが気にすることは、「痛いか?」とか「いつから仕事、日常生活に復帰できるのか?」、「胸はどのくらい大きくなるか?」などなど。

まあ、当たり前で、とりあえず直近のことですよね。今回は、乳房の役割、特に感度について考えてみましょう。

乳房の役割

胸の役割は大きく分けて2つ。
形態面と実用面に分けられます。

形態面とは、形とか大きく見えるとか、見た目の問題。
いうなれば、美容的にどうなのかとか。
(役目というほどでないかもしれませんが)

実用面とは、女性の乳房であれば赤ちゃんにおっぱいがよくでるとか、性生活では感じやすい場所の1つとしてあげられるでしょう。

豊胸バック、特に美容に特化すれば、ふつうはこの「形態面」にしか目が向きませんよね。

というか、「とにかく大きくしたい!」っていうひとにとっては、今はふくらみがほしいということで頭がいっぱいです。

胸を大きくしたあとのトラブルや合併症は言っても想像がつかないし、「わたしは大丈夫」と思うのが常です。

豊胸術を行うときに、生じる欠点というべき感度の話をしましょう。
カウンセリングではあまり詳しくは話してくれないことです。

豊胸手術後に乳房の皮膚の感度が鈍くなる?

胸の見た目もおかしくなることありますが、ここでは置いておいて、実用面でのトラブルに乳房の感度(感覚麻痺)の問題があります。トラブルというより、ある一定の頻度で感度が鈍くなることがあります。

豊胸手術の説明したあと、なにか質問ありますか?と言っても、胸の感度については、あまりイメージできないこともあるのか、ほとんどの患者さんが聞いてきません。

本来であれば、医者が説明しなければいけないことなのかもしれませんが、ほとんど感度の話はあえて説明しないんじゃないかな。

「あなたは、触られても感じない胸を想像できますか?」

あず(広告・27歳):シリコンでおっぱいを大きくするってのはどう? やっぱ巨乳はモテるからね。

ミワ:私も貧乳が悩みで、パッド2枚入れて誤魔化してるからな。脱いだ時にあからさまにガッカリされるのが切なくってさ。

れい:だったら200ミリリットルぐらいシリコン注入してみたら?

ミワ:考えたんだけど、入れたコが「感度鈍った」っていうの。乳首が感じなくなったって。

ルル:巨乳の名を取るか、実を取るか迷うとこだね。

豊胸手術すると乳首の感度鈍ると聞きどうするか迷う

*****************************//☆
はげみになるので、ワンクリックお願いしますね!豊胸トラブル
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。
ブログを充実させるためにも、
ぜひコメントいただけるとうれしいです。


にほんブログ村