乳がん手術後の乳房再建に使う豊胸シリコンバッグにもトラブル発生?

乳房シリコンインプラント挿入している女性の一部で悪性リンパ腫が発生する問題で、米食品医薬品局(FDA)から対象製品の自主回収を要請されました。

*症状は、インプラント周囲の腫れ(漿液腫:水が溜まる)、疼痛、左右非対称、乳房や腋窩のしこり、発赤、被膜拘縮による胸の硬化、潰瘍などが報告されています。

がんで切除した乳房の再建や豊胸手術などで使われる人工乳房が原因で悪性リンパ腫により世界で33人が亡くなったと発表されました。

死んだひと以外に573人の患者が確認されているようです。大半の豊胸バッグはアラガン(本社・アイルランド)です。同社は世界的に対象製品を自主回収し、販売停止すると発表しました。

さて、日本では、乳がん後に使われる豊胸バッグは、健康保険で認可されているのは、上記のアラガン製のみです。この製品を使っての乳がん後の豊胸手術を中止するよう呼びかけています。
問題の豊胸シリコンバッグ自主回収、手術中止のお知らせ(アラガン社)

日本で乳がん後などの乳房再建を目的に保険診療で承認を受けている乳房インプラントは、アラガン社製品のみ。

現在は自主回収の対象となった「ナトレル410」のタイプの製品だけを販売しており、実質的に今回の処置で、乳房インプラントによる保険診療での乳房再建は一時的に中断された。

この乳房インプラントが保険診療で承認されて以来、日本では、年間約6500件程度行われている。

乳がん後の豊胸バッグは大丈夫?

コメント
乳がん後の乳房再建用にこのシリコンバッグが使われ始めたのが、2013年で、上記ブログに当時書いたものです。

当時から、乳房再建用に使われている乳房インプラントを挿入した女性たちが不調を訴えていたひとが多かったのは事実です。

FDAのHPには、患者さんの不調を訴えるコメントがたくさんありました。そんなで大丈夫なのだろうか?まだまだ豊胸インプラントには支障を来す問題が存在しているのではないかと思った次第でした。

そして、乳がん後の豊胸する際に、健康保険上に認可された豊胸バッグが「アラガン製品」だけなのか?

日本の市場に介入するのは、いろいろ条件が厳しく他の会社は撤退した経緯があります。もちろん、利権もからんでの独占はあきらかですよね。

やはりトラブルは、何年もしないとわからないものなんですよね・・・。

関連ブログ
豊胸バッグと悪性リンパ腫

豊胸バッグトラブルと合併症、シリコンバッグ除去を考えているひとへ
************************************************************
ブログを読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村