豊胸手術によるモンドール病(Mondor’s disease) その3

モンドール病 その1、その2読んでいない方は、
豊胸バッグ編 モンドール病(Mondor’s disease)その1

豊胸バッグ編 モンドール病(Mondor’s disease)その2

クリックもよろしくね

にほんブログ村

モンドール病は一言で言えば血栓性静脈炎です。
血栓性静脈炎とは、静脈に血栓が詰まって炎症を起こしてしまったものです。

モンドール病とは?

やっとまとめに入れました。

症状

突然現れる。昨日はなんでもなかったのに・・・って感じで。
索状物として触れる。

急にできるものだから、腫瘍?

なんて、ことはありません。

痛みを伴うしこりとして感じることもありますが、術後2週間から数か月のうちにできるようです。

原因

明らかな原因はわかっていません。

できやすい場所

乳房に関連した手術をしたとき、下のイラストにできやすいとされています。

A 腋下静脈
B 上部胸静脈
C 外側胸静脈
D 上腹壁静脈

いずれも静脈に沿った場所に炎症が生じたためです。
左に多いとされ、両方にできるのはまれだそうです。

頻度はかなり少ないと思われますが、他院で豊胸手術したケースのひとが当院にたまに来られます。
10年ほど勤務医をしていた時は、見たことがありませんでした。

おそらくその前に行っている豊胸術が少なかったせい?
実際に患者さんから「この索上物なに?」と言われた記憶がないですね。
当時は、よくわからなかったから、「様子を見ましょう」で済ましていたのだろうか?

ぼくのいた美容外科は、たぶん手術の症例はたぶん日本一だったでしょう。
10年と言ったら、1000件以上は豊胸手術しているんですけどね・・・。

豊胸してから長期経過した症例を見ないからなのかもしれません。

治療

特別な治療はありません。
あえて言えば、温める、炎症がひどい場合は、炎症止め(ロキソニンでもいいでしょう)を使う。

痛いという人は診たことがありません。気付いたらあったという人が多いからでしょうか?

文献を読んだりすると、一般的には数か月すると消えてしまうらしいですが、
そのまま残っている方も実際のところ多い感じはします。

といった感じで説明終わります。
なにか疑問がありましたらメールください。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
はげみになるので、ワンクリックお願いしますね!
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。

にほんブログ村
ブログを充実させるためにも、
いろいろコメントいただけるとうれしいです。
いろいろ反映できるようにしますね。

ファイブスタイル ブログランキング

 

コメント
Unknown (Unknown)
2011-09-19 22:07:38
シリコンバックの豊胸手術をすると血栓ができやすいということですか?それとも豊胸に限らず他の手術でもなる可能性があるのですか?
Unknown (裏窓ドクター)
2011-09-30 20:34:43
いつも読んでいただき、ありがとうございます。掲載遅くなり申し訳ありません。

豊胸だけでなく乳がん後などによる乳房再建、
乳房縮小などでも見られます。

乳腺外科の先生に聞くと、15年以上診てきても2,3件しか見たこと(乳房再建後)がないという先生もいて、先生によって多少ばらつきがあるようです。

ただ、圧倒的にバッグによる豊胸時が多いのだと思います。(私見プラス洋医学書などから)

図の場所の血管に血栓ができるということで、他の特定の場所(下肢とか)ににできやすいという意味ではありません。