今までに豊胸インプラントバッグと膠原病について、いろいろな研究報告がされていますが、必ずしも豊胸インプラントバッグと膠原病(慢性リウマチ、SLE、シェーグレン症候群など)と間に因果関係があると明確に支持している論文はありません。

※他科の医者からよく聞く話ですが、自己免疫疾患のマーカー異常の患者さんは、たまたまか豊胸しているひと多いとか。

最近では、線維筋痛症についての研究報告がいくつかされ、被膜外に豊胸バッグが破損した場合に線維筋痛症のリスクが増加するという報告があります。

スウェーデンとデンマークの2つの論文からは、被膜外に豊胸バッグが破損した場合に、線維筋痛症のリスクの増加が見られたと報告しています。ただし、症状が出ている人にばらつきがあるので、統計的に有意ではないが積極的に否定はできない結果が出ています。

また、ある研究報告では、MRI検査で、被膜外にシリコンが漏出していたことがわかった豊胸インプラントバッグを入れていた女性の間では、リスクが2倍以上あるというデータもあります。

もっとも新しい報告では、豊胸バッグが破損した人を対象としたひとたちには、膠原病の症状が出ている人にばらつきがあり、これも統計的に有意ではないが積極的に否定はできない結果が出ています。

このため、一応、豊胸バッグ破損によって膠原病は発症するとは断言はできないとしています。線維筋痛症も同様です。

線維筋痛症と豊胸インプラントバッグとの間に関連性があるという論文もありますが、ほとんどが「統計学的に」リスクは高くはならない(有意差がない)という報告が多く占めています。

現状のところはっきりしたことはわからないようですね。

豊胸バッグを入れているひとは線維性筋痛症になりやすい?その1

*****************************//☆
いつも読んでいただきありがとうございます。
はげみになるので、ワンクリックお願いしますね!豊胸トラブル
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。
ブログを充実させるためにも、
ぜひコメントいただけるとうれしいです。

ファイブスタイル ブログランキング

↓人気ブログを見るなら↓