バストのバランスによって美しさが決まる?

バストが大きいというのはわかりやすいものですが、大小にかかわらず見た目の美しさはなにを基準に見ているのでしょうか?

これが今回の命題です。

自分のバストのこと、って意外にもわかっていない女性が多いものです。ある若い女性は、乳房を触ると中にゴリゴリしたもの、もしかして、しこり?なにか悪いもの?→乳腺ですよね。これにはびっくりします・・・。

ということで、まずはじめに乳房の解剖から見ていくことにしましょう。

バストの解剖

バストの範囲って、正確にはどこからどこまでなのでしょう?
聞かれるとなんとなくわかるようなわからないような・・・。

実は、「乳腺」の存在する場所になります。

下はわかりやすいですね。ブラのワイヤーが当たる場所、アンダーバストですね。

横は?
内側は、胸骨の辺縁まで。外側は、体幹の辺縁までになります。
大きい場合は、横に流れますが、乳腺の底にあたるところは、外側では体幹の辺縁までしかないのです。

では、上方の境はどこだと思いますか?
いわゆるデコルテ?
一番わかりにくいそうですね。どこまでおっぱいなの?

意外にはっきりしませんね。
ボリュームがない平らの人もいれば、ボリュームがあるひともいます。

で、どこまで乳腺が広がっているか、わかればいいのです。
ひとによって違う感じもしますが、これもある一定の場所までしかありません。

上方はワキの付け根を横に引いたラインまでが乳腺のすそ野の断端に当たります。

立っていると膨らみがないとわかりにくいものですが、横になると乳腺のすそ野が広がるので範囲がわかります。
触るとたいてい乳腺の断端がわかります。

ここが乳房の上端になり、アンダーバストが下端になります。

さて、バストの美しさは何によって決まるのでしょうか?

これらを踏まえて、次に進みましょう。
バストにも黄金比がある!? その1
バストにも黄金比がある!? その2
バストにも黄金比がある!? その3
バストにも黄金比がある!? その4

豊胸バッグトラブルと合併症、シリコンバッグ除去を考えているひとへ
************************************************************
ブログを読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。ブログを充実させるためにも、ぜひコメントいただけるとうれしいです。