乳がん後の乳房再建手術で使う豊胸バッグ(乳房インプラント)が血液がんの一種である悪性リンパ腫を発症する恐れがあるとして、製造メーカーが7月下旬から自主回収を始めたことは以前に記載しました。
豊胸バッグによる悪性リンパ腫の発症

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会によると、豊胸バッグを入れた後に発症する悪性リンパ腫は、3300~3万人に1人の頻度で起きる。従来の研究報告によると平均9年で発症することが多く、日本国内では、挿入後17年経過後に発症した患者さんが今年6月初めて報告されました。現在治療中とのこと。

乳がん後の乳房再建に使うことができる豊胸バッグは、2013年に健康保険が適用になり、これ以降に乳房再建手術を受けた人は3万人を上回っています。国内で唯一、健康保険が適用されていた回収された豊胸バッグは、アラガン社の製品です。

豊胸バッグによる悪性リンパ腫の発症機序
7月に米食品医薬品局(FDA)の調査で、豊胸バッグの挿入後に悪性リンパ腫を発症した人が世界で573人おり、うち33人が死亡していたことが明らかになりました。

アラガン社の特定の豊胸バッグに発症しやすいことがわかり、FDAが自主回収を要請しました。回収対象製品は、豊胸シリコンバッグ2製品と、バッグを入れる前に皮膚を伸ばすためのエクスパンダー(拡張器)の計3製品です。

国内では健康保険の対象となる代替品がなく、全国的に再建手術は中断され、患者さんに不安が広がりました。9月には代替品が販売され、保険適用になりますが、昨年ほぼ流通しないまま販売中止になった古い型の製品です。

これは悪性リンパ腫のリスクはほぼないとされますが、拘縮(皮膚が縮まり硬くなる)などの合併症が増えるほか、破損した時に中身が漏れ出しやすく、形が不自然になりやすいといった問題がある製品です。

従来品より合併症が増えるなどの懸念があり、果たして安心して利用できる製品なのか疑問です。

乳房再建後に現在問題となっている豊胸バッグを入れている人

・悪性リンパ腫は、急に乳房が大きく腫れることが多い

・急な腫れ、気になる症状がない場合は、摘出の必要はない

・気になる症状があれば速やかに受けた医療機関を受診する

・早期発見が大切で、自己検診も必要。

・発症は10年近く経過してからなので、定期検診を受け続ける

豊胸バッグトラブルと合併症、シリコンバッグ除去を考えているひとへ

************************************************
ブログを読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村
コメントを頂いた場合には、返事を書きます。ブログを充実させるためにも、ぜひコメントいただけるとうれしいです。